1. 新築マエムラ−TOP
  2. >
  3. 熊本エリアトップ
  4. >
  5. お役立ち情報
  6. >
  7. 台風被害!天災でも保険は使えるの?

台風被害!天災でも保険は使えるの?

2019.09.26

9月に入り台風が連続で発生しました。特に台風15号は千葉県を中心に大きな被害をもたらし、台風の怖さを改めて実感したのではないでしょうか。ゴルフ場の鉄柱が倒壊した事例、17号では竜巻が起きて大きな被害となった地域もありました。

テレビを見ていますと、台風であれ、豪雨被害であれ、被災した方の多くが「長年ここで生活しているが、こんな事は初めて。」というご意見を多く耳にします。それは、安全と言い切れる場所はないということであるかもしれません。

不幸にも被災した時、火災保険が生活再建の助けとなります。

 台風による強風は、時に電柱をなぎ倒し、車を横転させるほどの力を持つことがあります。普段飛来するはずのない重く、固いものが飛んできて家を破損することがある訳です。火災保険でこの建物の損害を補償することが可能です。家財保険に加入の場合は、家具、家電製品も補償されます。一つ注意しておかなければいけないのは、窓を開け放していた場合に吹き込んだ強風(暴雨)による被害は補償されませんのでご留意ください。また、ご加入の保険によっては免責がある保険(自己負担額10万円・20万円等)もありますので、一度ご自宅の保険の補償内容を確認されますことをおすすめします。

 大雨による水災被害については、床上浸水を条件としている保険が多いと思います。東京海上日動火災保険株式会社の場合は「床上浸水または地盤面45cmを超える浸水」としています。つまり軽微な浸水被害は補償されないケースが多いかと思いますが、床上浸水しますと大きな損害を被る可能性がある訳ですし、そういった時こそ、保険が生活再建を助けてくれることと思います。

 

今週開催の展示会物件

THIS WEEK'S EXHIBITION

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。
TEL.096-365-2232
戸建営業部定休日:第2、第4火曜日、毎週水曜日

無料相談に申し込む

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

マエムラ新築−TOP

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。