1. 新築マエムラ−TOP
  2. >
  3. 熊本エリアトップ
  4. >
  5. お役立ち情報
  6. >
  7. 冬の時期は適度な換気を!

冬の時期は適度な換気を!

2019.12.06

寒い冬になると部屋の温度を上げますが、空気が乾燥しやすくなります。
そこで加湿器を使われるお家庭が多いと思います。
加湿器を使うことで湿度を上げ、心地よい部屋を作ることができますが、
朝起きると加湿器をによる窓やサッシの周りにびっしりと付く結露経験ありませんか?

窓やサッシ、壁などに付ける結露として、原因は2つあります。
・室内と屋外の温度差が大きいこと
・室内の湿度が高いこと

室内の暖房によって家の中はぽかぽかに暖められます。
窓を閉め切ることも多いため、人が生活して発生する湿気もこもってしまいがち。
そんな室内の暖かく湿気の多い空気が、窓から伝わってくる冬の冷たい外気に冷やされて窓や壁に発生するのが結露です。
結露を放置した場合に起こるトラブルの多くがカビの発生で起こるトラブルです。
水滴が流れてたまる窓枠の下の方をよく見ると、すでに黒い点々があるかもしれません。
サッシ枠の色が白ではなく黒や茶色だと、カビが発生していることに気付きにくいですが、カビは放置しているとどんどん成長します。カビはアレルギーの原因になるほか、肺炎を引き起こす原因にもなるなど、とても危険な細菌です。家族の健康を守るために、早め早めに除去する必要があります。

結露が発生してから掃除をするのは大変なので、できれば結露が起こらないようにしたいものです。
除湿機や除湿剤を使って、部屋の湿気を吸い取ります。押し入れなど狭いところには除湿剤を、部屋全体には除湿機を使うと良いでしょう。除湿機をかけると、部屋干しの洗濯物の乾きが良くなったり、布団がカラっとしたりするという効果も期待できます。

もっとも効果的とされているのは、定期的な換気です。

空気の滞留を防ぐことで結露が付きにくくなります。
暖房で部屋の中を温めすぎに注意して、健康な体で冬を乗り越えましょう。

 

 

 

今週開催の展示会物件

THIS WEEK'S EXHIBITION

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。
TEL.096-365-2232
戸建営業部定休日:第2、第3、第4火曜日、毎週水曜日

無料相談に申し込む

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

マエムラ新築−TOP

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。