少し前に話題になった老後2,000万円問題。その後家計について、将来について、しっかりと考え見つめなおした方はいらっしゃいますか?

人生の三大支出といわれるものに「住宅資金」「教育資金」「老後資金」があります。

子どもの教育資金と自分の老後資金が重なることは滅多にないでしょうけど、住宅資金は常に関わって来るものです。このバランスをどう取るかがカギになるでしょう。

教育資金は、子どもが生まれたときから一人当たり毎月1万円貯蓄し続ければ、最も多額な教育資金「大学や短大への入学時に備える」ことが出来ると言われてます。習い事や公立か私立かでも分かれるでしょうけど、ここでは割愛致します。

老後資金は、「退職金を全額充当」して、不足分は子どもが卒業してから定年退職までに貯蓄をするということになりますね。

住宅資金は、賃貸かマイホームかで大きな違いがあります。老後も賃貸暮らしを続けるなら賃料を払い続けることになるので、それを見込んだ老後資金を確保する必要があります。

その点、マイホームの場合は、ローン完済後は住宅のメンテナンス費用の支出だけになるので、老後資金を抑えることができます。

弊社では「脱家賃宣言!」月々のお支払いが家賃並みのおうちを取り揃えております。

無理せず今までの生活リズムを崩すことなくおうちの購入が出来るのです。

つまり将来についての計画も立てやすいのではないでしょうか?

他にも通信費や保険等、家の購入という一大イベントに合わせて見直せる部分も多々あります。

この辺りは弊社スタッフにお気兼ねなくお尋ね下さい。

もちろん、教育費のかけ方や老後の暮らし方、所得の額や年金の額、実際に生きる年数などによって、家庭の収支は実に様々です。

2,000万円問題を良いきっかけにして、それぞれの家庭の収支について、真剣に見つめて考えてみるといいでしょう。