1. 新築マエムラ−TOP
  2. >
  3. 熊本エリアトップ
  4. >
  5. お役立ち情報
  6. >
  7. もし水害にあってしまったら…備えておきたい水災補償

もし水害にあってしまったら…備えておきたい水災補償

2020.06.12

昨日(6月11日)の熊本は大雨で、雨が激しく屋根を叩く音で目が覚めました。これから梅雨本番を迎える訳ですが、昨年、益城町で岩戸川が氾濫した事は記憶に新しいところです。またゲリラ豪雨は、場所を選ばす突然発生します。「今まで水害は起きていないから大丈夫。」とは言い切れず、やはり備えが必要ですね。万が一お家が水災にあった時、経済的に家族を守るものが火災保険です。火災保険は火事以外にたくさんの補償があり、水災にも対応しています。東京海上日動火災保険会社の場合、「保険の対象である建物や家財等が、台風、集中豪雨等による洪水、高潮、土砂崩れ、落石等の水災事故に遭われ、床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水によって損害を受けたとき、または損害割合が30%以上の損害を受けたときに、保険金をお支払いいたします。」としています。
この補償は選択型なので、火災保険加入の時、選択される事をお勧めします。
またこれから雷も多く発生しますが、雷による損害にも火災保険は対応しています。

今週開催の展示会物件

THIS WEEK'S EXHIBITION

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。
TEL.096-365-2232
戸建営業部定休日:第2、第3、第4火曜日、毎週水曜日

無料相談に申し込む

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

マエムラ新築−TOP

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。