1. 新築マエムラ−TOP
  2. >
  3. 宮崎エリアトップ
  4. >
  5. お役立ち情報
  6. >
  7. 【2019年10月ついに消費税10%に増税の見通し!】 家を買うタイミングとは!

【2019年10月ついに消費税10%に増税の見通し!】 家を買うタイミングとは!

2018.12.07

「2019年10月に予定されている消費税の増税!」

 過去2回にわたり延期を繰り返してきたこと、高齢化社会が進み社会保障費などの支出拡大は避けられない状況などから、2019年10月には予定どおり10%への消費増税が実施される見通しです。現行の8%から10%へ引き上げられることで、マイホームなど大きな買い物を検討している方は、どのタイミングで買うのが良いのかと真剣に悩んでいるかもしれません。そこで消費税増税によって住宅購入へどのような影響があるのか、また購入のベストなタイミングをご紹介いたします。

 気になる消費税の影響ですが、まず住宅購入をする際、土地代には消費税がかからないこと、基本的に新築の建物部分に消費税がかかるという点をおさえておきましょう。仮に建物部分の価格が1,000万円の住宅を購入した場合、課税される金額は、増税前と後で次のように変わってきます。

1,000万円×消費税8%=1,080万円
1,000万円×消費税10%=1,100万円

 このように、増税前と後で支払う金額が20万円も変わってくるのです。この影響は売買価格が高額な物件になれば、どんどん大きくなります。勿論それだけではなく家具やエアコン、引越費用など、家に付随する物全てが10%になっていきます。

 

●10%が適用される「引渡し」の期限は!?

 8%の消費税で住宅を購入しようと思った場合「2019年9月30日」この日までに不動産の「引渡し」を受ける必要があります。不動産売買契約はすでに締結している場合でも、契約から決済までにある程度の期間がかかるため、これを逆算して住まい探しを始めることが重要となります。

●経過措置における「請負契約」の期限は!?

 注文住宅を建てる場合は、完成時期が多少ずれ込むこともあります。そこで、工事請負契約の締結時期が重要となるのです。請負契約を「2019年3月31日」までに締結すれば、引渡しが2019年10月以降になっても8%が適用される経過措置が講じられます。

 

 消費税増税前後における住宅購入のベストなタイミングは、消費税額だけを比較すれば、増税前の方が有利なのは明らかです。ただ、消費税率の引き上げによる負担増を軽減するための制度『 すまい給付金 』の拡充や、『 住宅ローン減税 』もあり、一概には言えません。消費税増税以上に、将来のライフプランを家族とよく話し合い、それに合ったタイミングで購入することの方がより大切です。

今週開催の展示会物件

THIS WEEK'S EXHIBITION

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。
TEL.0985-23-5449
戸建営業部定休日:第2、第4火曜日、毎週水曜日

無料相談に申し込む

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

マエムラ新築−TOP

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。