1. 新築マエムラ−TOP
  2. >
  3. 建売住宅は飫肥杉を使っています。

マエムラの建売住宅は飫肥杉(おびすぎ)を使っています。

曲げに強く、欠け・裂けに強い「飫肥杉(おびすぎ)」

400年もの歴史を持つ宮崎県の県木「飫肥杉」は、江戸時代には船を造る為の木材として重宝されていたのが飫肥杉でした。
船に使われていたことから分かるように、飫肥杉は曲げても欠けたり、裂けたりしにくく水に強いという性質があり、すぐれた耐久力と弾力性のある木材です。

飫肥杉は九州地方に多く植林されてきた杉で、温暖で湿潤な気候の中で育てられてきたことから心材に水分と樹脂が多く含まれている木材です。
そのため粘りが強くて曲げにも強く、かつ欠け・裂けが起こりにくく湿気に強いという特徴があります。
また比較的短い期間で大きく成長するため年輪の幅が広く、木材自体が軽いという特徴もあります。

そのため飫肥杉は古くから船に使う木材として重宝されてきました。

ただしその軽さや曲げやすさから輸入材と比べた時に見劣りしやすく、家に使う木材としてあまり選ばれてこなかった歴史もあります。

しかし近年の木材加工技術の発達により、心材の水分をしっかりと飛ばして乾燥出来るようになり、また心材に集まりやすい樹脂を均等に木材に染み込ませるなどして木材として強度をより強くすることが出来るようになりました。

そのため飫肥杉(おびすぎ)は強度や調湿能力に優れた木材として再び注目を集めるようになっております。

「飫肥杉(おびすぎ)」湿気に強く、シロアリ被害に遭いにくい!!

飫肥杉を住宅、家に使用する場合の一番のメリットと言えば、やはり「シロアリ被害に強い」ということです。
飫肥杉に含まれている樹脂には防蟻成分が多くふくまれております。

またこの樹脂の多さは湿気を防ぐのに優れており、さらにしっかりと丁寧に乾燥した飫肥杉は元々含んでいた水分の多さから湿気を多く吸い取り適度に放出してくれる働きがあり調湿能力にも優れていると言われております。
温暖湿潤な気候の中でたくましく育った飫肥杉は防蟻・防湿・吸放湿効果の高い木材です。
まさに飫肥杉は育った環境と同じような気候の中で暮らす家を強くたくましく支えてくれる木材です。

油分を多く含んでいると水を弾くので、水への耐久性にも優れています!!

ご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。

無料相談に申し込む

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

新築マエムラ−TOP

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。

エリアを選んでください。